家の守り人

家から出ません(ほぼ)

いだてん第12回「太陽がいっぱい」ネタバレ(ワールドレコード金栗四三、ついに走ります)

f:id:ienomoribito:20190310205152j:plain

 

今週のネタバレ

 

スキャンダルのニュースも落ち着いてきましたかね

播磨屋の代役は三宅弘城さんに決定しましたー

 

 

暗闇の中、人が目覚める気配

女性の声「Good morning」

1912年7月14日 マラソン当日

——熊本県

池部(旧姓春野)スヤ(綾瀬はるか)が夫重行(高橋洋)とともに金栗家に鯛を持ってきた

スヤ「四三さんに食べてもらいたかとです」

 

実次(中村獅童)はストックホルムまで2週間かかるし、マラソンは今日だけん、と断る

重行「諦めなさい」

スヤ「ならみなさんで一緒に食べましょう」

 

 

具合の悪い監督の大森(竹野内豊)が安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)の反対を振り切って、四三(中村勘九郎)に付き添う

四三「大丈夫ですか」

大森「監督として君のレースだけはぜひとも見たいからね」

 

 

四三の日記は競技当日の朝までしか書いていなかった

ゆえに、ここから先は語り手、古今亭志ん生(ビートたけし)の想像である

スタート前からの不穏な空気

四三は大森を連れてスタジアムを目指すが、途中、具合の悪い大森を背負って行くことになる

 

 

スタジアムでは、嘉納(役所広司)がオリンピック創始者クーベルタンと話している

4年前のロンドンオリンピックではドランドの悲劇が起きたから、もし何かあればマラソンができなくなると言われる

 

 

四三がスタジアムに到着したときには、他の選手はすでに準備を終えていた

以前話したポルトガル代表の大工のラザロに声をかける

靴ひもがほどけているよと

 

周りから遅れて着替えを済ませ、スタジアムへ向かい、慌ててスタートを切る

 

 

——熊本ではスヤと金栗一家が、夜中にもかかわらず遠い地の四三を応援していた

暑さの中、四三は幻を見る

気温は30度以上、舗装路から熱気がはね返ってくる

四三はどんどん追い抜いていく

 

 

テレビもラジオも無い時代、順位はスタジアムの国旗掲揚であらわされていた

——東京高等師範学校でも嘉納からの電報を待っている

 

 

離脱する他の選手を追い越し、四三は走る

四三「これは行けるばい

 

途中、暑さで朦朧としながらも、すでに折り返している選手を数えながら走る

四三「ろく、しち、はち、きゅう……」

 

 

暑さと日差しで棄権者も多い

日本応援団は心配そうにスタジアムで待つしかない

嘉納(金栗君、日本のスポーツ界のために、黎明の鐘となってくれたまえ)

 

 

疲れ、立ち止まる四三は少年時代の自分の幻を見る

四三(昔)「呼吸をするときは、すっすっはっはっ。二回ずつばい」

四三(今)「わかっとるけど、それができん」

 

再び走り出す

沿道ではガイドのダニエルと駐スウェーデン公使の内田(井上肇)が応援していた

折り返した後の四三は、ダニエルからの水も受け取らずに行ってしまう

四三「あつい、あつかー」

 

ふらつく四三、分かれ道で倒れてしまう

四三(昔)「足いたかと、苦しかと」

四三(今)「うん」

 

立ち上がった四三は分かれ道を間違った方向へ進んでしまっていた

ラザロ「No! No! No! No!」

四三の帰りを待つ日本応援団

優勝者の記録は2時間36分

四三の羽田の記録は2時間32分なので4分遅い

 

最後の選手が帰って来ても、四三は帰ってこない

 

完走できなかった者も多いからと大森が言うと、弥彦(生田斗真)が、棄権した者のリストにも病院にもどこにもいないと言う

嘉納「信じて待とう」

 

 

——熊本では、眠るスヤの傍らで実次と重行が語り合っている

四三が小さいころは身体が弱かったこと、いだてん通学をしたこと

重行は生まれつき胃弱だったから、身体の丈夫な嫁をもらったこと——

 

 

クーベルタン「How was your I・DA・TE・N?(いだてんはどうだった)」

嘉納「He disappeared(消えました)」

 

総出で探すが結局四三は見つからず、そのまま夜を迎える

 

 

冒頭のシーン

安仁子「Good morning(お目覚め?)」

 

四三は部屋で眠っていました

 

弥彦らはほっとして、探したんだよと語りかけます

四三「……すいまっせん、自分でもわからんばってん。……負けは負けです」

嘉納「もういいよ、金栗君、もう休め」

 

四三はどうやって帰って来て、どうして寝ているのかわからない

 

ダニエル「……日射病です」

そして何も覚えていないようですと

 

四三「……すいまっせん……すいまっせん……すいまっせん……」

泣きながら、四三はつぶやき続ける

まとめ:暑い中のマラソン、東京オリンピックも心配

2020年8月のマラソンってすごい暑そう、危険、心配

 

早朝スタートらしいけど、逆に夜じゃダメなの?(笑)

ぎりぎり暗くなる直前みたいな

 

夜なら欧米の放送時間も早朝~午前中になってちょうどいいんじゃない

サブタイトル「太陽がいっぱい」

アラン・ドロン主演の映画です

観たことはないんですが、有名なのでタイトルだけは聞いたことありました

 

当然アラン・ドロン世代ではないのですが、フランスのイケメンの代名詞的ということは存じ上げておりました

 

15年くらい前に『刑事物語』というドラマを偶然見まして、当時すでに60歳くらいだったのかな

 

めちゃめちゃかっこよかったです(若いころはもっとかっこよかったんだろうなーって感じです)

 

なんとなく見始めたけど、結構面白かったので記憶に残ってます

おすすめします


第13回「復活」

お楽しみに