家の守り人

家から出ません(ほぼ)

いだてん第13回「復活」ネタバレ(青春編、終了!)

f:id:ienomoribito:20190310205152j:plain

 

今週のネタバレ

 

風邪ひいて喉やられちゃった

心が折れてるのであっさり書きます

 

 

マラソンのあと

午前3時50分 東京高等師範学校

 

結果を待つ永井(杉本哲太)らのもとに、記者の本庄(山本美月)が電報を持ってくる

カナクリ キケン ハイタイス」(金栗 棄権 敗退ス)

 

 

マラソン競技当日のスウェーデンは気温30度越え、68人中34人が途中棄権

 

四三(中村勘九郎)はガイドのダニエルとマラソンコースを歩く

 

四三はレース中のことが全く記憶にない様子

 

水は受け取ったっけ?

雨は降ったよね?

 

ダニエル「……いいえ、雨は降ってませんでした」

 

大雨が降った羽田の記憶と混同している

 

17マイル地点、子どもの頃の自分を追いかけ、四三は間違ったコースへ入っていた

ダニエル「練習の時から間違えていました……」

 

だんだん思い出してくる

 

——オープニング

マラソンの日、何があったか

四三は子どもの頃の自分を追いかけて森をさまよっていた

たどり着いた先は民家の庭、お茶会の真っ最中だった

 

四三の後にも何人かの選手がつづき、間違えたコースを来たようだった

 

倒れこんだ四三は、レモネードを飲まされた

四三「ニッポンじんです……アイドンノー……」(うわ言)

 

 

ダニエルと駐スウェーデン公使の内田(井上肇)が迎えに来て、四三を汽車でホテルまで連れ帰った

 

四三は汽車の中で号泣していた

ラザロ、死す

四三は日記を書いた

大敗、体力もわざも足りなかったと反省する

 

弥彦(生田斗真)が持ってきた新聞で上位13名がオリンピック新記録を出したこと、そしてラザロが亡くなったことを知る

日射病ののち、髄膜炎でとのこと

 

弥彦「ストックホルムの悲劇だよ。君も危なかったね」

 

分かれ道でコースを間違えて棄権した自分と、正しいコースを走って死んだラザロ

 

四三がこれでよかったのかと呟くと、弥彦が声を荒げる

弥彦「よかったに決まってる!死んだら二度と走れないんだぞ!

 

 

嘉納(役所広司)と大森(竹野内豊)は、4年後、マラソンは廃止になるかもしれないと話していた

 

自分が不甲斐なかったと嘆く大森を嘉納は叱咤する

嘉納「君は立派だったし、遺産を遺してくれた」

 

大森が書いた論文を手に掲げ、スポーツの未来には選手だけでなく、君のような人材も必要なのだと言った

 

大森「オリンピックは若者の大会です。10年後、50年後の未来のために今がある

 

大森「その時に追いつけばよいと僕は思います」

嘉納「その通り。よくやった、大森君」

東京では朝太が初高座に上がる

日本では金栗敗退の様子が知られていた

同時に、2週間前に四三が書いた手紙が東京高等師範学校、熊本の実家、池部の家に届く

そこには、みんなへの感謝の気持ちと、マラソンに臨む意気込み、そして優勝宣言が書かれていた

 

 

初高座の日、朝太(森山未來)はワニラ(牛めしの安いもの)を食べて景気をつけていた

清(峯田和伸)が播磨屋に仕立てを頼んでいた着物を渡す

「朝太」の刺しゅう入りである

 

ピエール瀧さんのシーン、カットかな?

 

清「今度しくじったらあとがねえんだ」

朝太「ありがてえな……持つべきものは友だな」

友人の背中を見送りつつ呟く

 

 

清が寄席に行くと小梅(橋本愛)と美川(勝地涼)が座っていた

イチャイチャしているので関係性が変わった様子(←第8回

 

控室では、朝太が酒を飲んでることを師匠(松尾スズキ)に咎められていた

どうやら清にもらった着物は質にいれてしまった様子

 

朝太はべろべろの状態で高座に上がった

しかし、次の文句が出てこない

 

師匠を人力車に乗せていたころ、耳で覚えるんじゃなく足で覚えるんだと言われたことを思い出し、人力車を走らせる振りをしながら話しはじめた

 

途中までは良かったが突然倒れる

 

朝太「……頭が痛いんで、今日はここまで」

 

客「……えー⁉

スウェーデンとの別れ

金栗はマラソンコースを走っていた

 

着いた先はラザロが倒れた場所で、そこには多数の選手が集まって花を供えていた

ラザロの最期の様子を聞く

 

 

IOCの話し合いでは、オリンピックで初の死者が出たことを重く見て、義援金を募ってラザロの遺族に送ることが決定された

ポルトガル代表は、ラザロの妻が妊娠4か月だったこと、ラザロのことを忘れず4年後もマラソンをしてほしいと話した

 

嘉納はクーベルタンにいつか極東(=日本)でもオリンピックをやろうと話す

 

遠すぎると笑われるが、背負い投げをかけようとして手をはなす

その目は真剣だった

 

 

嘉納は四三と弥彦に、またオリンピックに帰ってくるから、閉会式を待たずこの地を発つと告げた

 

四三と弥彦は大森の部屋に出発の挨拶に行くが、安仁子(シャーロット・ケイト・フォックス)によって部屋には入れてもらえない

大森の具合が悪く、話もできないよう

 

大森はベッドの上で指をパチンと鳴らし、親指を立ててお別れをする

大森兵蔵は数か月後、アニーの故郷アメリカで37歳の若さで亡くなった

 

 

金栗四三はスウェーデンで“Missing Japanese”=消えた日本人と呼ばれるようになった

 

スウェーデン滞在48日目、水の都に別れを告げる

次は1916年、いざベルリンオリンピックへ

まとめ:第1章青春編が終了しました

丸々3カ月、4分の1終わりましたかね

 

ブログに書くことないなと思ってもこれがあるから何とか続けられました(まだ続けますけどw)

 

次週から時代は明治から大正へ移るそうで

女子のスポーツの夜明けとかなんとか

杉咲花ちゃんが出るの楽しみです

 

 

ところで、途中にストックホルムオリンピックの入場行進の写真が出ました

そのときの子どもって後の五りん(神木隆之介)では?

だとするなら金栗四三の息子で決定でしょうか

 

次回、第14回「新世界」

お楽しみにー