家の守り人

家から出ません(ほぼ)

いだてん第2回「坊ちゃん」※ネタバレ(熊本に来るなら9月以降がおすすめ)

 

ネタバレします 

 

別に熊本に愛着とか無いんですけど、他県の方からいろいろ言われるの癪なので自慢も自虐も自分で言います笑

 

 

オープニングはパロディ

オープニングはリオオリンピック時の東京オリンピック紹介 VTR のパロディですね

前回は見逃して気づきませんでした

 

3:15~

【NHKリオ】2020へ期待高まる!トーキョーショー - YouTube 

 

すごく話題になった映像でもあるのでご覧になった方も多いと思います

私も好きで何回も見ました

大河ドラマに熊本が来た

熊本来ましたー

 

舞台は玉名郡春富村(現在は合併して和水町)

 

熊本には国民なら誰でも知ってるような歴史上の超有名な方がいないのですよね

県民でも出てこないくらいです

 

現代はたくさんいらっしゃいますよ

漫画家、お笑い芸人、俳優、歌手、映画監督、スポーツ選手……

なんといっても、くまもん無双ですから

 

 

せっかくスポットライトがあたったのではりきってご紹介いたします



まずは熊本弁は完璧です

 

ていうか母親役の宮崎美子さんは熊本出身ですので、うまくて当たり前でした



ここからネタバレです




金栗四三(かなくりしそう)は身体の弱い父のもとに生まれる

四男三女の下から2番目

 

ある日嘉納治五郎(役所広司)が熊本に来ることを知ります

 

嘉納治五郎先生に抱っこされるために春富村から熊本市まで10里(40km )

駅まで父親(田口トモロヲ)と歩いて行くが、病弱な父親がちょいちょい休むので全然進みません

 

「四三!重曹水…」



ー父親の思い出話ー

 

西南戦争のとき、田原坂(たばるざか)を挟んで薩摩と官軍が戦い、両軍合わせて3000人が死亡

 

薩摩軍から刀を守ったのが誇りです

 

「病人か?刀はあるか」

「ございまっせん!」

会場で夏目漱石とニアミス

夏目漱石も出てます

熊本で第五高等学校(旧制五高)の教師をしていた時代があったのです

 

柔道をしている嘉納治五郎を見るため、漱石は四三を抱っこしてくれます

ですが、胃弱で非力なので良いところで全然見えません

四三は追って行くが最後まで見えません

 

切ない

父ちゃんも切なげ



帰って父親は家族に嘘をつきます

「嘉納治五郎先生に抱っこしてもろたぞ」

 

家族の喜ぶ顔を見て四三は訂正できません

長男(中村獅童)は感づいている模様です

四三のいだてん通学

尋常小学校に入学した四三(素人:久野倫太郎くん)は身体が小さく兄たちについていけません

 

そしてそのまま帰る

帰るなよ(笑)



学校行けのシーンはとても面白いです

熊本弁なのでなおさらです

 

長男「なんばしよっとか、学校は」

四三「いやばい、行かん」

 

長男「学校行かんか、行け」

 

兄に捕まった四三はおしおきで学校部屋に入れられます

おしおき部屋です

 

長男「そぎゃん嫌だったらここで勉強せい」

四三「いやばい(泣)」

長男「みんなと勉強したかなら、ともだちと遊びたかなら走らんか

  「走るか勉強するか選べ」

 

 

 

ある日四三は兄嫁のお産を見て呼吸法を発見します

 

スッスッはー

「違う」

 

スッスッはっはっ……

「……!苦しくなか!



スッスッはっはっの呼吸法は小学校のときの持久走で先生に習いました

走るの嫌いだったので効果はあったかどうか



走る四三を見て周囲は

「四三はとつけむにゃあ男たい」

父の遺言

父親が血を吐いて四三は走って医者を呼びに行きます

 

そこで未来の妻スヤと出会います

 

布団の脇で上の兄弟が四三を上の学校に行かせたいと言います(いい話)

 

「身体だけは丈夫でな」

「嘉納先生に抱っこしてもろたけん」

 

四三は真実を言おうとするが兄に制止されます

 

「父ちゃんの分も走れ……」

四三、進路を決めるが……

中学からは寄宿生活になり週1で五里20kmを走っています

 

卒業したら海軍兵学校へ行く宣言



玉名中学の先生役で姜尚中さんも熊本出身です

いい声ですね

済々黌(せいせいこう)高校という進学校のご出身で、くりぃむしちゅーのお二人もここを卒業されています

 

風邪をひかないようにするには冷水浴と言われ、四三は朝起きて実行します

 

「これで兵学校の身体検査もろたばい」

「何杯かぶればよかとだろか?」

 

とにかくかぶり風邪をひきます

 

四三はとつけむにゃあ男です



 

スヤさん(綾瀬はるか)再登場

♪あーいたーかばってんあわれんたい

 

スヤ「なんばしよっとですか」

 

四三「落ちました……」

  「視力検査で」

  「家族に合わせる顔がない」

 

スヤは四三を励まします

将来の奥様は丈夫ならそれでよかと思うはずですと

 

四三「そぎゃんかね」

スヤ「そぎゃんたい」

 

俺の身体は俺のもんたい!



 

四三は東京師範学校を受ける友人(勝地涼)の本で嘉納治五郎の名前を発見

 

というところで終わり

 

なんと、来週で熊本編終わりです笑

一方そのころ、東京の古今亭志ん生(美濃部孝蔵)

さっくり行きますよ

 

神田で生まれる

小学校中退して飲む打つ買う

吉原でお代を踏み倒す

逃げたところで落語と出会う

橘家圓喬の弟子になろう……!

熊本と偉人

夏目漱石も小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)もいた時代はあるけど、熊本ではない場所で有名になってらっしゃる

 

おしゃれな校舎も残ってます

熊本大学五高記念館

地震被害のため残念ながら長期休館中です

 

kumamoto-guide.jp

 

2019年1月11日~2020年1月13日までの期間限定

いだてん-日本マラソンの父【金栗四三ミュージアム】 / 和水町

 

パンフレットがダウンロードできます

熊本行ってみるかと思われた方へ

ぜひ2019年9月以降にしてください

 

桜町再開発により新しいランドマークが誕生するからです

 

熊本にいらんやろ ……って思うレベルの複合施設ができます

これは他県の人に来てもらってお金落としてもらうしかない……!

 

熊本小旅行王道ルート

初日

飛行機で阿蘇くまもと空港に到着(レンタカー借りてください)

阿蘇ファームランドで遊んで阿蘇ファームヴィレッジに泊まる(ファミリー向け)

大人は阿蘇山でカルデラを見て黒川温泉

 

二日目

天草でイルカウォッチングして昼ご飯は海の幸を食べる

イルカ?興味ない→釣りしてください

 

午後は熊本市内へ車でGO

熊本城(大工事中です)で復興城主になって名前を残しましょう

夜は適当にホテルをとって、馬刺しを食べてください

 

三日目

桜町の新しいランドマークをぶらぶらしてお土産とか買いますか 

空港に帰りまして、2泊3日の旅終わりです

 

他にも……

熊本城は本当は春の桜の時期がおすすめ(お堀が素晴らしい) 

 

夏は球磨川下りとキャンプでも

人吉に行ったついでに漫画『夏目友人帳』の聖地巡礼もできる!

 

新幹線も停まるし、観光列車もあります

  • SL人吉←以前あったSLあそBOYは運転終了し、特急あそぼーい!になってます
  • ななつ星in九州←チケットの取れない超高級列車です
  • 或る列車←スイーツ列車です

乗れなくても写真を撮れますから

まとめ:いだてん第2回感想

いだてん感想からの熊本おすすめ記事になってしまいました

 

第二回は通常通り45分でした

第三回は「冒険世界」です

 

「夜明け前」「坊ちゃん」「冒険世界」と来たので文学作品をサブタイトルに選んでるんでしょうね

 

子役の久野倫太郎くんもかわいかったです

 

 

ご紹介した場所について、わたしは全部行ってるわけじゃないです

なぜなら外に出ないので

 

おまけ:熊本弁

ずんだれて=だらしない格好で

つっこけて=転んで

とつけむにゃあ=とんでもない